« 鍛冶屋原ランチ | トップページ | 挫折・・・ »

2009年3月24日 (火)

おいらの人格形成について考える

0370 おいらがご幼少のみぎり、某青少年団体に所属していた事が

重大な要因になったと考えております。

そこでの活動でフルーツバスケットというレクをやったです。

ご存知の方も多いでしょう。

まず椅子を円形に並べ座り、一人一人をフルーツの名前でグループ分けしてから

鬼を決め人数マイナス一脚を抜き、あとは椅子取りゲームってアレです。

しかし某青少年団体のは一味違った!その名も『私鉄バスケット』

グループ分けは『私鉄会社名』でsubway

で、全員椅子取り総入れ替えの言葉『フルーツバスケット』の代わりは・・・

私鉄総連!

この外にも同じルールで組み分けを『国労』『動労』『鉄労』『全動労』

総入れ替え語を『遵法闘争!』とする国鉄バスケットなど

色々なレクを通じ、昭和の時代は某青少年活動に邁進しました。

この頃に現在に至る『ブログ脳』(世間のすべての出来事をネタとして解釈する)

形成されたと推察されます。

・・・ええ、ただそれだけですw

|

« 鍛冶屋原ランチ | トップページ | 挫折・・・ »

四方山話【ジャンル未設定】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1187995/28777928

この記事へのトラックバック一覧です: おいらの人格形成について考える:

« 鍛冶屋原ランチ | トップページ | 挫折・・・ »